ラクする×シンプル

もっとラクしていいんじゃない?シンプルな暮らしの工夫

【断捨離】炊飯器のない暮らし。鍋で簡単においしいご飯を炊くコツとは?

こんにちはかおりです。

 

わが家には炊飯器がありません。鍋でご飯を炊いているのです。一度鍋でご飯を炊いてみたら、炊飯器で炊くよりもずっとおいしかったので、それからは鍋で炊いています。その後、炊飯器を使わなくなったので手放しました。

 

 

「鍋でご飯を炊くって大変そう亅「どんな鍋でも炊けるの?」「失敗しない?亅「炊飯器ないと困らない?」とよく聞かれます。私も初めて鍋でご飯を炊くときはちゃんとできるか心配でした。

 

そこで今回は失敗せずに簡単にご飯を炊くコツ炊飯器がなくて困ることは本当にないのか?を合わせてお伝えします。

 

 

どんな鍋が炊飯に向いている?

基本的にどんな鍋でもご飯を炊くことはできます。ステンレス、アルミ、土鍋、ホーロー鍋など、ふたさえあればお手持ちの鍋で炊くことができます。もちろんIHでも可能です。 

基本の炊き方

使う鍋によって、少し水加減や火にかける時間が変わりますが、基本の炊き方をご紹介します。

①米をといでしっかり吸水させる


f:id:kurashisukoyaka:20181007061347j:image

こちらは炊飯器で炊くときと同じ。ボウルにザルをセットして米をとぎ、夏場は30分・冬場は1時間吸水させます。しっかり吸水させるのがふっくらおいしく炊くコツです。


f:id:kurashisukoyaka:20181007061743j:image

ひたし終わったら、ザルで水をよく切ります。鍋にといだ米と、水を入れます。水加減は炊飯器と同じでOK。1合につき200mlです。2合なら400ml。ここは計量カップで量った方が失敗なくできます。

 

※吸水時間の長さや鍋の種類、米の品種でちょうどよい水の量がかわります。何度かやってみるとお好みの水加減がわかると思います。

②火にかける


f:id:kurashisukoyaka:20181007062358j:image

火にかけます。強火。


f:id:kurashisukoyaka:20181007062609j:image

3分ほどで、鍋のふたがカタカタなるので、少しふたをずらします。吹きこぼれに注意しながら、写真のようにぶくぶくと大きな泡が出てきたら弱火にしてふたをします。

 

中をのぞきたくなっても開けてはいけません。絶対にフタを開けないことがおいしく炊くコツです!

 

ここから弱火で13分。タイマーをかけましょう。


f:id:kurashisukoyaka:20181007063009j:image

13分たったら火をとめます。

③蒸らす

10分〜15分、ふたをしたまま蒸らします。蒸らしおわったらフタを開けます。


f:id:kurashisukoyaka:20181007063555j:image

しっかり炊けています。これで完成!

 

食べるまでに時間があるときは、しゃもじでふっくらまぜた後、鍋とふたの間に布巾をはさんでおきます。余分な水分を吸ってくれます。

 

火にかけている時間を守れば鍋の底が焦げ付くことはありません。

 

火にかけてから、蒸らしがおわって出来上がるまで30分ほどです。あっという間にできてしまいます。お米をといで吸水までしておけば、夕方時間がないときもすぐにご飯を炊くことができますね。

 

そう、お鍋でご飯を炊くのって意外と簡単なんです!あまり料理をしないうちの夫でも出来ます(笑)

 

そして鍋で炊いたご飯は、ふっくらツヤツヤで本当においしい!初めて鍋でご飯を炊いて食べたときの感激がわすれられません。

 

鍋で炊いたご飯は冷めてもおいしいです。私は残ったご飯は1食分ずつラップにくるんで冷凍しています。

 

後片付けも鍋でご飯を炊いた方が簡単です。炊飯器の場合、内窯と内蓋、細かいパーツなど洗うところがいくつかありますが、鍋なら、鍋とふただけです。毎回丸洗いできるので、気持ちがいいです。

おすすめの鍋はル・クルーゼ

ちなみに私が使っているのはル・クルーゼの鍋です。直径20㎝のココットロンドで最大3合の米を炊くことができます。ル・クルーゼでご飯をたくと、ふっくらモチモチになり、本当においしいのです!


f:id:kurashisukoyaka:20181009145358j:image

結婚した時に夫の母からゆずり受けました。もう10年以上使っていますが、とても丈夫。

 

母も数回使ったようですが、重たくて使いにくいと感じたそう。確かにル・クルーゼはずっしりと重たいです。

 

でもその重たいフタが蒸気を逃さず、食材の旨味を引き出してくれます。もちろん炊飯だけではなく、肉じゃがやスープなどの煮込み料理もおいしく作ることができます。


f:id:kurashisukoyaka:20181009221927j:image

こちらはココットロンドの16cmです。やや小ぶりなので、さっと野菜を蒸したりする時に使っています。

 

私は少しの塩と水でジャガイモを蒸してじゃがバターやマッシュポテトを作りますが、全然水っぽくならずにホクホクに仕上がります。料理が得意ではない私でも、簡単においしいおかずが作れるのがうれしい。

そして食卓にそのまま出してもかわいい!デザインも豊富でキッチンが明るくなりますね。Amazon、楽天での評価がとても良いのでチェックしてみてくださいね。

鍋でご飯を炊くメリット3つ

結局、鍋でご飯を炊くようになりよかったと思うことは、

①おいしい。

②炊けるまでの時間がはやい。

③手入れが簡単で、いつも清潔にできる。

以上の3つです。

 

 炊飯器がなくて困ること3つ

炊飯器がなくて困ること…まったくないとは言えません。私が困ると感じることは

①炊飯予約ができない。

②炊飯中にコンロがひとつ使えない。

③一度にたくさん炊くことができない。(これは大きい鍋を使えば解決できますね…)

以上の3つの点はやや不便を感じます。

まとめ

炊飯器がなくても鍋で簡単においしいご飯を炊くことができます。今回はル・クルーゼの鍋をご紹介しましたが、お手持ちの鍋でも必ずできます。

 

確かに炊飯器には炊飯予約ができたり、たくさんご飯を炊けるという便利なメリットがありますね。絶対にない方がいいとは言えません(笑)ご家庭のライフスタイルに合わせてみるのがよいと思います。

 

私は炊飯器のパーツを洗って、乾かして…の作業がめんどうだったので、断捨離してよかったと思っています。

 

また災害の時には炊飯器が使えない場合もカセットコンロがあれば、鍋でごはんを炊くことができます。災害の時に温かいごはんが食べられるのは心強いですよね。

 

鍋でご飯を炊くコツを一度覚えてしまえば、簡単にできるようになるので、ぜひやってみてくださいね。

 

こちらもどうぞ♪

www.kurashisukoyaka-simplelife.com

 

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村