ラクする×シンプル

もっとラクしていいんじゃない?シンプルな暮らしの工夫

【暮らしを見直す】シンプルライフをはじめてよかった3つのこと

こんにちは。かおりです。

 

この記事では、私がシンプルライフをはじめてよかったと思うことと、実際のやり方をお伝えします。

 

 

以前の私は大量のいらないものに囲まれて暮らしていました。私は掃除も片付けも苦手なので、いつも部屋は散らかり、イライラしていました。そんな暮らしをかえるために、「自分が持っているもの」「部屋の中にあるもの」を徹底的に見直すことにしました。

 

するとほんとうに必要なものは少しだけだと分かったのです。


f:id:kurashisukoyaka:20181023153502j:image

 

ものを減らして暮らしをシンプルにすると心にゆとりが生まれ、毎日が楽しくなりますよ。

 

 

【1】シンプルライフをはじめてよかった3つのこと

①家事が楽になった

ものを大幅に減らしたので掃除や片付けの手間が減り、家事がとてもラクになりました。以前はものが多すぎて、片付けに時間がかかっていたのです。休日はいつも片付けと掃除に追われていました。

 

少ないもので暮らすと散らかしてもすぐに片付けることができます。毎日の掃除も掃除機をかけて棚のホコリをとるだけ。見える所にたくさんのものを置かないので、ホコリをとるのも簡単です。

 

f:id:kurashisukoyaka:20180905143937j:plain

 

今は片付けと掃除に時間がかからないので、リビングでゆっくり過ごす時間がふえました。すっきり片付いた部屋でくつろぐことは、なにより心地よいのです。 

②次にものを買うときに迷うことがなくなった

自分が管理できるもの、長く使えそうなものしか買わないと決めています。迷うことがありません。以前は評判のよいもの、流行っているもの、あったら便利そうなものが欲しくて気になって仕方なかった。


f:id:kurashisukoyaka:20181023221406j:image

 

でもほんとうに自分の暮らしに必要なものなのか、しっかり考えるようになりました。大切なのは流行や見た目の便利さではなく、きちんと自分で管理ができるか、長く使えるか、愛着をもてるか、買った後のことまで考えること。

 

ものをえらぶ自分なりの判断基準ができたので、迷うことがなくなりました。

③心にゆとりができた

 家事がラクになると家でゆっくりできる時間がふえました。

 

暮らしをシンプルにする前はいつも探し物をしたり、片付けに時間がかかっていました。気持ちまで、いつも忙しく余裕がなかったのです。そうすると怒らなくていいことで怒ったり、家族とケンカになったりしていました。

 

今は片付いた部屋で家族と過ごしたり、本を読んだり、お茶を飲んだり、本当に自分がしたかったことをできるようになりました。穏やかに過ごす時間がふえたので、こころにゆとりができ、すぐにイライラすることもなくなりました。


f:id:kurashisukoyaka:20181023221740j:image

暮らしをシンプルにすることは、自分の心を整えることでもありました。

【2】シンプルライフを始めるための3つのルール

①ものをへらす

まずものを減らします。家にあるすべてのものに無駄がないか確認します。なくても困らないもの、なぜだかたくさんある同じようなもの、愛着がわかないものはどんどん減らします。

 

たとえば、大量にある紙袋や空き箱。いざという時に使おうと捨てずにとっておいたものですね。いざという時…残念ながらきません。処分しましょう。

 

わたしは紙袋は大中小のサイズをそれぞれ3つだけ保管しています。これだけ少なくても困ることはありません。空き箱は使わないので、すぐに処分しています。

 

自分が把握できない量のものは必要ではないのです。

 

そして必要なものだけで暮らすようになると、今あるものを大切に使うようになります。次に買うときは愛着を持って長く使えるかが選ぶ基準になる。

 

なにか必要になっても、まずは家にあるもので代用できないかを考えるようになりました。

②「使ったら元に戻す」を習慣にする

ものの量がへると片付けも格段にラクになります。「片付け」というより「使ったらもとの位置にもどすだけ」

 

全ての持ち物の定位置を決めましょう。定位置は使う場所のすぐそばが理想的。使う場所からはなれていると、戻すのがめんどうになります。

 

そしてしまう時はたくさんつめこまず、まだ入るけど余白を残すくらいがちょうどいいです。ぎゅうぎゅうに入れてしまうと元にもどしにくく、散らかる原因になります。

 

ものの定位置が戻しやすい場所と状態であれば、家族も片付けやすく部屋は散らかりません。

③家族にものの処分を求めすぎない

自分にはいらないものに見えても、夫や子供たちには大切なものもあります。いくら部屋をきれいにしたいからといっても、勝手に処分することはできません。

 

私が管理するのは「自分のもの」「家族みんなで使っているもの」だけ。夫や子供たち個人のものは口を出さないことに決めています。その方がラクだし、けんかになることもありません。
f:id:kurashisukoyaka:20181023222233j:image

 

家族の大切なものまで、無理して手放すことはないのです。家族が心地よく過ごせることがいちばんだと思います。

まとめ

【暮らしを見直す】シンプルライフを始めてよかった3つのこと

【1】シンプルライフをはじめてよかった3つのこと

①家事が楽になった

②次にモノを買う時に迷うことがなくなった

③こころにゆとりができた

【2】シンプルライフをはじめるための3つのルール

①モノを減らす

②「使ったら元に戻す」を習慣にする

③家族にモノの処分を求めすぎない

 

 私はシンプルライフをはじめてから毎日が楽しくなりました。暮らしを見直すことは、自分の心と向き合い人生を豊かにしてくれることでもあります。

 

これからシンプルライフを始めたい方の参考になれば嬉しいです。

 

毎日をゆっくり心地よく過ごすための工夫。

 

こちらもどうぞ♪

www.kurashisukoyaka-simplelife.com

 

応援クリックしていただけるとうれしいです! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村