ラクする×シンプル

30代からの心地よい暮らし方。断捨離とシンプルライフ

【シンプルライフ】せまい家ですっきり暮らす!断捨離した7つのもの

わが家の住まいは都内のマンション。5年前に築20年の中古マンションをリフォームしました。間取りは3LDKですが、広さは65平米。そのうちの2部屋は4畳という驚きのせまさ!4人家族のファミリー世帯が住むにはちょっと小さいんです。

 

せまい家で快適に暮らすには、物を減らす断捨離がいちばん効果的でした。

今回は小さな家でもすっきり暮らせるように「せまい家ですっきり暮らす!断捨離した7つのもの」を紹介します^^

断捨離①ベッド

結婚した時はベットで寝ていましたが、子どもが生まれてから手放しました。ベットがあると部屋がせまく、子どもの遊ぶスペースが全くなかったからです。

 

今は和室に布団を3組ひいて、家族4人で並んで寝ています。布団なら押し入れに収納することができるので、部屋がせまくなることもありません。ベットがあるとその部屋は寝室になってしまい、他の用途に使えませんよね。


f:id:kurashisukoyaka:20181225094609j:image

ベットがあるとないでは、部屋のすっきり度が全然違います。掃除も簡単。(写真には写っていませんがこの他に小さな本棚と電子ピアノを置いています)

せまい家にはベットはいらないと思います。

断捨離②こたつ

こたつも子どもが小さい頃は使っていました。でもこたつがあると部屋がせまくなって動きにくいのです。それにこたつのまわりって、なぜか散らかりますよね。掃除機をかけるのも大変なので、断捨離しました。

 

冬の暖房はガスファンヒーターを使っています。足元がとても暖かいので、こたつがなくても大丈夫。そしてこたつがあると、快適すぎてしまい動けなくなるので、やっぱり手放してよかったと思います。

断捨離③カーペット

以前はリビングにホットカーペットと、カーペットカバーを敷いていました。でも、ねこを飼うようになって手放しました。毛がたくさん付くし汚れることも多く、掃除をするのが大変だったからです。

 

そしてホットカーペットは誰も使っていなかったことが判明。ホットカーペット、カーペットカバーの両方を処分しました。カーペットがないと床がすっきりして、部屋が広く見えるんです!


f:id:kurashisukoyaka:20181225113723j:image

そして掃除がラクで衛生的。子供たちにハウスダストのアレルギーがあるので、その対策のためにも断捨離してよかったです。

断捨離➃子どもの学習机

わが家には子ども用の机がありません。これは断捨離したわけではなく、はじめから買っていないのです。子供たちは2人とも小学生。リビングで勉強をしています。

 

f:id:kurashisukoyaka:20180907061120j:plain

長女が小学生になるときに、学習机を買うか悩みました。一応子供部屋はあるのですが「ひとりで勉強するのがさみしい~(-.-)」というので買いませんでした。高学年になった今もリビングで勉強してます。

 

リビングのテーブルで勉強する方が広いし、小学生のうちは親としても子供の苦手な部分を把握できるので、よいと思っています。子供も親が近くにいる方が安心して勉強できる様子。

 

この先中学生になってプライベートな空間が必要になったら、またその時に考えます。小学生のうちは、学習机がなくてもいいと思います。

断捨離⑤大きな下駄箱

今の家にもともと付いている下駄箱が、家族4人の靴を入れるには小さいのです。一人暮らし用かと思うくらいの小ささ。家のリフォームをするときに、大きいものと交換するか悩みました。

 

ただ玄関もせまいので、下駄箱を大きくしてしまうとさらに狭くなり、圧迫感がありそうなので小さいものをそのまま使っています。


f:id:kurashisukoyaka:20181225094748j:image

 

下駄箱の上にスペースがあることで、ちょっとだけ玄関が広く見えます↓
f:id:kurashisukoyaka:20181225113906j:image

 

私も夫もそれほどたくさんの靴を持っていません。子供たちも今履いている靴ともう一足くらいしかないので、小さな下駄箱でも納まる量。

 

たくさんは入らないので、新しい靴を買ったら一足を手放すようにしています。大きい下駄箱だと、つい靴が増えてしまいそうなので、小さな下駄箱でよかったかもしれません。

断捨離⑥たくさんの服

今の家に引っ越す前には、服をたくさん持っていました。家族4人分の服を衣装ケースにしまっていたのです。しかし、今の家は収納スペースがほとんどなく、ケースをしまう場所がありません。私と夫の服をしまえる場所は小さなクローゼットだけ。

 

そこで、服の量を減らせないか考えました。ケースの中をよく見てみると、しまっていたのはほとんど使っていない服ばかり(ほぼ私の服)。着ない服はすべて断捨離しました。すると小さなクローゼットに納まる量まで、減らすことができたのです。本当に必要な服は、実はそんなにないことに気づきました。

 

↓このクローゼットに夫と私の服(冠婚葬祭用以外)+子供のアウターが入っています。
f:id:kurashisukoyaka:20181225094825j:image

 

今も服はクローゼットに納まる分しか持ちません。必要な服だけがクローゼットの中に入っています。

断捨離⑦炊飯器

今の家はキッチンも広くありません。炊飯器って意外と置く場所をとりますよね。そして内蓋やパーツを外して洗ったり、ちょっとお手入れが面倒。炊飯器がこわれて困っていた友人にもらってもらいました。

 

今ご飯を炊くのに使っているのは鍋です。鍋でご飯を炊くと早く出来上がるし、とっても美味しいんです。

 

f:id:kurashisukoyaka:20181007063555j:plain

ちなみに私が使っているのはル・クルーゼの鍋。ル・クルーゼでご飯を炊くとふっくら美味しく炊けるので、もう炊飯器には戻れないかも。

 

鍋なので丸洗いできて、お手入れも簡単です。使い終わったらしまっておけるので、せまいキッチンでも場所もとりません。

 

炊飯器はあったら便利ですが、なくても平気なものでした。

まとめ

いかがでしたか?

せまい家でも物を減らしたり、大きな家具を持たないことですっきり快適にくらすことはできます。コンパクトな今の家に住んでから、私は周りの価値観で物を買ったりするのではなく、「自分にとっての快適な暮らし」を考えるようになりました。自分サイズの暮らしは毎日を楽しくしてくれます。

 

参考になることがあれば、うれしいです。