ラクする×シンプル

30代からの心地よい暮らし方。断捨離とシンプルライフ

便利すぎ!ツーハンズの買取で服の断捨離が一気におわる!子供服も買取できるってホント?

こんにちは。シンプルライフブログ「ラクする×シンプル」のかおりです。

 

今回はわたしが服の断捨離によく利用している「ツーハンズ」の買取サービスについてです。

 

「断捨離した服、まだ着られるのに捨てるのもったいない…」って思いませんか?自分の服だけならまだしも、夫や子供達の分もとなると大量です。

 

 

この大量に出た服、捨てずに一気に片付けるなら「ツーハンズの買取サービス」を利用するのがおすすめです。

リサイクルファッション専門店のツーハンズ

 

「なんでツーハンズの買い取りがおすすめなの?」「どうやって査定にだすの?」「デメリットは?」気になるツーハンズの買取サービスについてお伝えしていきますね!

 

 

なんでツーハンズがおすすめなの?

さくっと知りたい人のために、結論から言います。ツーハンズがおすすめの理由は3つ。

 

①買取基準はコレだけ!子供服やノーブランドの服もOK!

②一点ずつ査定してくれる

③手続きが簡単!着払いで発送できる

順番にみていきましょう。

 

①買取基準はコレだけ!子供服やノーブランドの服もOK!

ツーハンズが買い取ってくれるのは

次の人がそのまま外を歩ける服(色あせ、ヨゴレ、毛玉のないきれいな状態のもの)

なんとコレだけです!

 

つまり子供服もノーブランドの服も(ユニクロや無印良品だって)季節外の服だってぜーんぶOK!マフラーや帽子などの小物もOK!

 

 

服の買取サービスってたくさんありますよね。でも大抵「5000円以下のものは買い取り不可」「子供服は買い取りNG」など、条件がきびしい。今までは結局「まだ着られるきれいな服」を泣く泣く処分していました。

 

ツーハンズならそんな心配は無用!色あせ、ヨゴレ、毛玉のあるような服以外はすべて買取してくれるんです。中でも驚くのはタグに名前を書いてしまった子供服も買い取ってくれること!(衣類に直接書いてあるのはNGです)これすごくないですか?

 

不要になった大人の服も子供服も全部まとめて出せるので、断捨離した服が一気に片付きます。わたしは今回、サイズが合わなかった夫のワイシャツや小さくなった子供服を大量に買取にだしました。これは他のお店ではなかなかできないんじゃないかなと思います。

 

②1点ずつ査定してくれる

ほとんどのものを買い取ってくれるツーハンズ。「どうせ量りにのせて1キロ10円とか、そんな買い取り方法なんでしょ?」って思う人もいるかもしれません。

 

あなどるなかれ…ツーハンズはどんな服でも1点ずつきちんと査定をしてくれるんです!激安だった西松屋の子供服もです。ていねいに査定をしてもらえるのはうれしいですよね。

 

③手続きが簡単!着払いで発送できる

ツーハンズの利用方法はすごく簡単。指定されたサイズの箱に、服を詰めて、買い取りシートと一緒に着払いで送るだけ。

 

手軽にできて費用もかからないので「断捨離した服がいつまでも片付かない」なんてことがありません。大量の服を持ってリサイクルショップへ行く手間もはぶけます。

スポンサーリンク

 

 

ツーハンズのデメリット

便利すぎるツーハンズ、やっぱりデメリットもあります。う〜ん…と思うところは3つ。

①高くは売れない

②査定に時間がかかる

③一度買取をキャンセルすると次回から利用できない。返送料は自分で負担

順番に見ていきましょう。

①高くは売れない

残念ですが、ツーハンズでは高く売ることはできません。

 

わたしがこの間出した時は51点出し、買取OKのものは34点(わたしは気付かなかった毛玉やホツレなど買取NG品は17点でした)査定額は648円!安すぎてびっくりしますね。でも近所のリサイクルショップもこのくらいだったので、そんなものかなと思います。

 

そして1点ずつの査定額を知ることはできません。査定額はまとめての金額です。今までわたしが買い取りしてもらった感じでは、1枚20円くらいだと思います。

 

高く売ろうと思うなら、ガッカリしてしまうので出さないほうがいいです。まだ着られるのに捨てるしかない服を「引き取ってもらう感覚」で出してくださいね。

 

②査定に時間がかかる

私がツーハンズに出してから、査定結果の連絡をもらうまで約2週間かかりました。衣替えの時期だったので時間がかかったのかもしれません。「出したらすぐに査定結果を知りたい!」と思う方には向いていないかも。

 

③一度買い取りをキャンセルすると次回から利用できない。返送料は自分が負担

ここは気をつけたいところなのですが、査定額に納得できず返品してもらう場合、返送料は自分で負担しなければなりません。そして、買い取りをキャンセルした場合には次回から利用することはできません。

 

ツーハンズを利用するときは査定額にかかわらず、買い取りしてほしいものだけ出すのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

ツーハンズの利用の仕方

大まかな流れは以下のとおり

①規定のサイズの箱を準備する

②服を詰める

③買い取りシートを記入する

④佐川急便の着払い伝票を貼り、出荷する

⑤査定額が口座に入金される

順番に見ていきましょう

 

①規定のサイズの箱を準備する

ツーハンズの規定サイズの段ボールはたて+よこ+高さの合計が120㎝~140㎝のものです。結構大きめです。これより小さくても大きくても査定額がマイナスになってしまうので注意してくださいね。


f:id:kurashisukoyaka:20190606221039j:image

 

②段ボールに服を詰める

箱に服を詰めます。買取してもらえる最低枚数は30枚です。なるべくたくさん箱に詰めましょう。


f:id:kurashisukoyaka:20190606221141j:image

 

③買い取りシートを記入する

買い取りシートを記入します。わたしはプリンターを持っていないので手書きです。ツーハンズのサイトから買い取りシートをダウンロードすることもできます。

買い取り申し込みについて

 

買い取りシートを書くときに、「買い取り方法」を忘れずに記入します。

買い取り方法は3つ

・全て買取OK

・結果だけ連絡がほしい

・買取価格を聞いてから売るか決める(返却の時の送料はじぶんで負担)

 

わたしはいくらで買い取ってもらえたのかを知りたいので、「結果だけ連絡がほしい」にしました。詳しくはこちらから確認してくださいね。

ツーハンズ買取のながれ

↓手書きならこんなんでもOK

f:id:kurashisukoyaka:20190606221242j:image

箱いっぱいに服を詰めて、いちばん上に買取シートをのせます。
f:id:kurashisukoyaka:20190606221216j:image

 

④佐川急便の着払い伝票をはり、出荷する


荷物は着払いでおくることができます。必ず佐川急便で。着払い伝票がない場合は集荷のときに一緒にもってきてもらいます。あて先など詳細はこちら

 

f:id:kurashisukoyaka:20190606221329j:image

 

⑤査定額が口座にふりこまれる

 2週間ほどで査定額が口座にふりこまれます。振込手数料が65円と安いゆうちょ銀行がおすすめ。他の銀行は175円です(手数料は査定額からひかれています)

 

※買い取り方法を「結果だけ連絡がほしい」にすると査定額のお知らせのメールがきます。「すべて売る」の場合はメールはきません。

「買取価格を聞いてから売るかきめる」の場合、メールがとどきます。メールがきてから1週間以内に返信をしないと「全て買取」になるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

 

 

ツーハンズをおすすめしたい人

・子供服を売りたい人

・ノーブランドの服も売りたい人

・とにかく一気に服を断捨離したい人

 

ツーハンズをおすすめできない人

・少しでも高く売りたい人

・査定結果を早く知りたい人

ツーハンズでは査定にも時間がかかり、高く売ることはできません。少しでも高く売りたい人はメルカリなどのフリマアプリで売ることをおすすめします。

 

こんなときはブランディア宅配買取がおすすめ

・断捨離した服の中にブランド品がある

・フリマアプリで自分で売るのはめんどう・・・でも高く売りたい

こんな人はブランディアの宅配買取の方がおすすめです。現金1000円が確実にもらえるお得な情報があります。

www.kurashisukoyaka-simplelife.com

 

まとめ

 今回はツーハンズの買取サービスについてお伝えしました。いかがでしたか?

 

ツーハンズは高くうることはできません。でも服の状態がよければ、ほぼなんでも買い取ってくれます(一部買取できないものもあります)しかも着払いで!

 

「まだ着られるのに、捨てるのがつらいから断捨離できない・・・」と思う人はぜひ使ってみてください。実家の母はツーハンズを使って大量のいらない服を手放すことができました。誰かがまた着てくれると思うと断捨離するのがラクになりますよ。

 

参考になることがあればうれしいです。

 

こちらもどうぞ^^

www.kurashisukoyaka-simplelife.com

 

クリックすると他のシンプルライフブログが見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村