ラクする×シンプル

30代からの心地よい暮らし方。断捨離とシンプルライフ

【シンプルライフ】誰でもできる!せまくても居心地のよいリビングを作る3つの方法

こんにちは。シンプルライフブログ「ラクする×シンプル」のかおりです。

 

スッキリしたシンプルな暮らしをめざして、はや5年。だいぶ家の中も落ち着ける空間になってきました。特にリビングは、せまいながらも居心地のよいスペースになってきたように思います。

 

 

今回は、わたしが今まで実践してきた「せまくても居心地のよいリビングを作る方法」をまとめました。

 

誰でも手軽にできるので、「リビングがせまくてごちゃごちゃしてしまう」「リビングをくつろげる場所にしたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

シンプルリビングを作る方法①リビングに置く物の色を統一する。3色くらいがおすすめ。

まず、リビングをスッキリ見せるためには「置く物の色をシンプルにする」のが基本です。せまくても家具の色がシンプルに統一されていると、まとまった印象になり、部屋を広く見せることができます。

 

黒や赤、ピンクなど無計画に何色も部屋においてしまうと、ごちゃごちゃしてしまい、散らかった感じになるので、色選びはとっても重要!

 

 わが家の10畳のリビングにも巨大キャットタワー、2.5人掛けソファー、テレビ台2つ、ダイニングテーブル、収納棚など大きめの家具がいくつもあります。

 

大きな家具があるわりに家具の色を白、ベージュ、茶色にまとめているので「すっきりしてるね!」と言ってもらえることが多いです。

 

とくに白やベージュの家具は壁の色と一体化して、部屋を広く見せてくれるのでおすすめ。

↓大きなキャットタワーもベージュなので圧迫感なし。

f:id:kurashisukoyaka:20181225094644j:plain

 

小さな小物も色を統一するとさらにスッキリします。クッションカバーはベージュ。物を一時置きするカゴは白に。

↓ネコのご飯用のトレーも白にそろえています。
f:id:kurashisukoyaka:20190619151821j:image

小さな面積ですが、見た目の印象が確実にスッキリするので「置くものの色を統一する」はぜひこだわってください。

 

スポンサーリンク

 

シンプルリビングを作る方法②収納は一か所に集中させる

リビングで使うものの収納は1か所にまとめてしまうのがおすすめです。

 

わが家の場合はリビングの壁面に大きめの棚を設置。リビングでつかう文房具や薬、書類をすべてしまっています。すぐそばのダイニングテーブルで作業ができて、片付けもかんたん。使う場所としまう場所ができるだけ近い方がリビングが散らかりません。

 

 ↓ダイニングテーブルの奥の棚にリビングで使うものをすべて入れています。

f:id:kurashisukoyaka:20180907061120j:plain

 

収納スペースをいくつも置くとさらに部屋がせまくなってしまいます。できるだけ広い床面積をキープするためにも、リビングの収納は「一か所にまとめてしまう」のがおすすめです。

 

シンプルリビングを作る方法③床や平らな所に物を置かない。すぐにしまえないものは一時置き専用かごへ

ごちゃごちゃしたものが視界にはいると部屋が散らかってる感じがしますよね。

 

せまいリビングをスッキリ見せたいなら、できるかぎり物はしまい、床や平らな所には絶対に物を置かないこと!

 

つい一時的に物を置きたくなる棚の上ですが、ここはガマン。一時置き専用のカゴを設置して、すぐにしまえないものはここにいれます。これがないと無限に物が置かれ、雑然とした印象になります。

f:id:kurashisukoyaka:20180923163616j:plain

 

「床や棚の上など平らなところに物は置かない」を習慣にすると物の少ないスッキリした空間をキープできますよ。

 

まとめ

 今回は「誰でもできる!せまくても居心地のよいリビングをつくる3つの方法」をお伝えしました。

 

気をつけるのは「家具の色を統一する」「収納を1ヶ所にまとめる」「床や平らな所に物をおかない」の3点。これでせまいリビングを広く見せ、スッキリした居心地のよい空間を作ることができます。

 

スッキリしたリビングはくつろげるだけでなく、掃除もラク!ぜひやってみてくださいね!

 

こちらもどうぞ^^

www.kurashisukoyaka-simplelife.com

 

 

クリックすると他のシンプルライフブログも見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村