ラクする×シンプル

30代からの心地よい暮らし方。断捨離とシンプルライフ

【シンプルライフ】少ない服でもおしゃれに見える!失敗しない服選びのコツ

f:id:kurashisukoyaka:20190319202253j:plain

こんにちは。かおりです。

 

 

服選びのセンスがなさすぎて長年ビミョーな服を着ていたわたしですが、シンプルな暮らしをするようになり、服のえらび方が変わりました。そのせいか最近では「いつもおしゃれだね」と友達にいわれるように!これはうれしすぎる!

 

 

今回は「何を着てもしっくりこない」「自分の似合う服ってなに?」と悩むあなたに「少ない服でもおしゃれに見える!失敗しない服選びのコツ」をまとめました。服の選び方が分かれば買い物での失敗がなくなり、たくさん服を持たなくてもおしゃれを楽しむことができますよ。

 

※おしゃれセンスゼロから脱却し、大人のおしゃれが出来るようになった30代主婦のまとめです。おしゃれに悩む初心者向けです。

服選びのコツ1 飾りのないシンプルな服を選ぶ

手持ちの服が少なくてもおしゃれに見せるには、デザインが特徴的なものは避けた方がよいです。

 

例えば袖に「フリルがついているカットソー」「変わった形の襟のシャツ」「派手なイラストの入ったTシャツ」「ビーズの付いたカットソー」などは他の服と合わせるのがむずかしいです。この服にはこのボトムしか合わないなんてことになりがち。服の数も増えてしまいますよね。

 

わたしも以前は刺繡が入ったシャツとか、巨大な猫がプリントされたTシャツ、裾にひもやチャックのついた変わったボトムばかり持ってました。買い物にいくとつい変わったデザインを選んでしまうクセがあったんです。もうセンスなさすぎです!

 

そして変わったデザインの服を着ていると「また巨大猫Tシャツ着てる・・・」なんて自分も見ている人もあきてくるんですよね。よく着ているわけじゃないのにデザインにインパクトがあるからムダに印象に残ってしまうんです。

 

この点、飾りがなくシンプルな服なら飽きずに何度も着ることができます。買い物するときは、こんなシンプルな服つまらないな・・・って思うかもしれません。


f:id:kurashisukoyaka:20190319202154j:image

でもシンプルな服同士なら、持っている他の服と合わせた時に「合わない」「なんかビミョー」なんてことがなくなります。

スポンサーリンク

 

 

服選びのコツ2 サイズの合った服を選ぶ。買うときは試着する

どんな服を買うときも試着をしてから買う方が失敗しません。実際に着てみると着心地もわかるし、サイズが合っているかも確認できるからです。

 

わたしはよく着ているのはMサイズですが、同じブランドでもSサイズの方がしっくりくることもあります。少しゆったり着たいと思うシャツはLサイズを選ぶことも。

 

トップスを試着した時は腕を上げて服が突っ張ったりしないか、裾が上がり過ぎてお腹が出ないか、肩幅が合っているかくまなくチェック。

パンツの場合は、太ももやおしりの部分にしわができないか、しゃがんだときに背中が見えないかなど、あらゆるポーズをとって確認します。

 

試着室にこもって、時間もかかりますが試着して納得して買った方が失敗は少ないです。

 

自分がいつも着るサイズ、それより小さめ、大きめの3サイズくらい試すとぴったりのものを見つけられます。(セールの時は試着室がこみあうので、ゆっくり試着できそうな「お店が空いている時」がおすすめです)

 

そして着てみてしっくりこない時は、残念ですが買うのをやめます。どんなに気に入ってもサイズが合わないのはやっぱり素敵には見えませんから。

 

 通販サイトでお買い物をする時はさらに慎重にかんがえます。実際に試着できないので、ほしい商品の肩幅、身幅、袖丈をサイトのサイズ表でじっくりチェック自分がよく着る手持ちの服と比べてみると、分かりやすいです。この服より丈は短めで袖は長いのか~とか。

 

そこまでイメージしてから買えば、失敗することはあまりないです。通販サイトで買う場合は少しめんどうでも手持ちの服との比べてみることをおすすめします!

 

服選びのコツ3 自分の体型に合った服だけを着る

自分を素敵に見せるコツは、自分の体型に合った服を着るのがとても大事です!売られている全ての服が自分の体型に合うなんて思ってはいけませんよ~。

 

例えば私の場合上半身はボリュームがなく、深めのVネックを着ると胸元がさみしい感じになり似合わないので着ません。着るのはクルーネックなど胸元をカバーしてくれる形のものです。


f:id:kurashisukoyaka:20190319202253j:image

あと、おしりの形に自信がないのでピッタリしすぎたパンツもはきません。気になる部分の体型をカバーしてくれるスカートやワイドパンツを着る方が多いです。

 

「気になるところが目立ってしまう服」は着ていて落ち着かないですよね。自分の体型に合った服だけ着るといつも自信をもつことができます。

スポンサーリンク

 

 

服選びのコツ4 モノトーンカラーはおしゃれで飽きがこない

「自分に似合う色が分からない・・・」わたしもです!それなら誰でも絶対に似合う白、グレー、ネイビー、黒のモノトーンカラーをベースにするのがおすすめです。モノトーンカラーを着ると誰でも上品でかっこよくみえます。

 

差し色になるような華やかな色はおしゃれですが、印象に残りやすく「何度も着る」のがむずかしいんです。モノトーンカラーは飽きないので毎日でも着ることができますよ

 

ただわたしもですが、人によって黒は強い色なので老けて見えてしまうことがあります。

そんなときはやわらかい印象のネイビーがおすすめです。きちんと感もでて、品よくまとまります。


f:id:kurashisukoyaka:20190320052342j:image

服選びのコツ5 生活スタイルに合った服・今着る服だけを選ぶ

「子育て中心の生活」と「仕事をしている生活」は着る服もまったく違いますよね。着るチャンスがない服よりも、今の暮らしにあった毎日着られる服を選んだ方が絶対いい!

 

私の場合、ありがたいことに仕事には制服があります。必要なのは休日にでかけたり、子供の保護者会に行ったり、習い事の送り迎えをしたりする服だけ。ということは「着ていてラクで、品よくみえる服」だけそろえればいいんです。


f:id:kurashisukoyaka:20190319215436j:image

「いつ、どんな時に着る服がほしいか」を考えると必要な服がしぼられて選びやすくなると思います。

 

服選びのコツ6 流行は似合うものだけ取り入れる

「今年のトレンドは絶対はずせない!」とか雑誌を見るとよくみかけますよね。確かに流行の服を着ていると、おしゃれしている気持ちになります。でも流行のものが必ず自分に似合うともかぎりません。

 

「大きめパーカーが今年の流行り!」といわれても、アラフォーのわたしが着るとなんだか子供っぽくてイタイ。「パンプスに靴下を履く」というのもよくわからないし。

 

流行は取り入れなくてはいけないものではなく、自分を素敵に見せてくれるものだけ着てみたらいいとおもいます。

スポンサーリンク

 

 

服選びのコツ7 超重要!小物でシンプルコーディネートをおしゃれにみせる

ここまで自分を素敵にみせるための服選びのコツをお伝えしました。「『ベースカラーはモノトーン系』『体型とサイズの合ったシンプル服』がいいのは分かったけど、なんか地味・・・本当におしゃれにみえるの?」とおもいました?

 

これだけでもすっきりしていて素敵なのですが、ベースのシンプルコーディネートに少しだけアクセントを加えます。これだけで一気におしゃれに見えるのでぜひチャレンジしてほしいです!

 

アクセントというのは「パッと目がいくようなアクセサリー」や「差し色になるようなバックやストール」「メガネや帽子などの小物」などです。わたしがよく身に着けるのは大きめののピアス。


f:id:kurashisukoyaka:20190319202030j:image

ベースがシンプルなのでどんなアイテムを足しても失敗しません。一つでもアクセントがあるとシンプルな服がぐっとおしゃれに見えるし、気分が上がるのでおすすめです。

 

まとめ

今回は

【シンプルライフ】少ない服でもおしゃれに見える。失敗しない服選びのコツ

をお伝えしました。いかがでしたか?

 

以前はわたしも服のえらび方が分からず「いつもちぐはぐな変な格好」をしていました。ですが自分に似合うシンプルな服だけを選ぶようになってからは、「なに着たらいいかわからない」と悩むことがなくなり、おしゃれをするのが楽しくなりました。

 

おしゃれに悩むあなたの毎日が楽しくなればうれしいです。

 

こちらもどうぞ

www.kurashisukoyaka-simplelife.com